7月4日に、兵庫県立大学大学院の兵庫県立淡路景観園芸学校にて、
講義をさせていただく機会がありました。
大学で講義!?とご依頼いただいた時には、大教室での講義を想像して不安になりましたが、
大学院なので、履修の3名と、聴講の学生4名、それに担当の先生と職員の方という、
なんともアットホームな場でホッとしました。


造園学、園芸学、生態学などをベースに、花や緑を用いたまちづくりをできる人材育成を
している学校で、講義の前に学生さんの修士論文テーマをうかがうと、
とても幅広い分野にわたっていて、興味深いものばかり。

そんな学生さんたちに向け、あじめの自己紹介から、
森のようちえん まんまるの日々の保育で大切にしていることなどを、お話しました。

DSCN6540


この講義の資料をつくりながら、当日、話をしながら(!)、
あらためてまんまるの場がある意義を再確認する機会にもなりました。

森で子ども達に向き合う中で、言葉で「自然に生かされている安心感を感じましょう」、
「自分の力を信じ、仲間のことを思いやり、たくさん五感で感じましょう」なんて言わなくても、
自然が全て教えてくれることや、
子ども達は何もできない小さな人なのではなく、想像力と創造力豊かな師匠であるということ。

日々、たくさんのことを学ばせてもらっていることに、感謝。


同席して聴講してくれた、立ち上げメンバーの一人であるえみちゃんから、
「5年間の積み重ねで、あじめちゃんの言葉の説得力が増したね」と言ってもらえたのが、
うれしかったなぁ。

DSCN6541


途中、”遊び方が決まってないからこそのおもしろさ”を体験してもらうため、
実際に森で拾った葉っぱを使ってどう遊ぶかのアイディアを出してもらいました。
もちろん、全ての答えが正解です。
でも、先日、まんまるっ子が考え出した、
お化け屋敷遊びの中の、”妖怪ペンギン小僧”の写真には、
「こんなの、思いつかない~」と会場から白旗があがりました!

ね、子ども達って、すごいでしょ★

DSCN6475


まんまるのこれから、卒園児たちのこれからが、ますます楽しみになりました。

子どもから大人まで、誰もが安心安全で、心も体もありのままでいられる社会をつくるため、
まんまるが、あじめができることを、ぼちぼちでも精一杯やっていきたいと思います。

7月21日(日)の第25回参議院議員通常選挙で、自分の意志を投票するのも、もちろん大事な一歩!
__________________________

一日預かり(予約締切1週間前)、親子参加(予約締切3日前)も、

受付中です。
まんまる開園日 毎週火・水・木曜日
保育対象年齢  満3歳~7歳       詳細は、こちら
 ※親子参加のお子様も満3歳以上が保育対象です
 ※夏でも長袖・長ズボン、帽子は必携です

______________________________________________

◎ 2019年度 夏休み ◎
  8月13日(火)~29日(木)  

★近日のイベントスケジュール

6月22日(土)~7月27日(土)10時~18時※日・月曜日定休
  佐藤明希(あじめ)写真展 ~私の出会った ギニア~@毎日食堂

・7月6日(土)10時~12時30分頃
  森のおさんぽ会 はなまる
・7月20日(土)9時30分~11時30分、12時30分~14時30分
 
家庭でできる お手当講座

・9月7日(土)17時~18時30分 
       大地とつながるお話会



・9月8日(日)5時~10時頃 
  大地とつながるフィールドワーク(諭鶴羽山登山)

・9月14日(土)10時~14時(予定)
  あつまる ひろがる まんまる祭 ~まんまる5周年ありがとう~