現代の暮らしの中で忘れがちな、”生かされている安心感”は、
豊かな自然の中で、自分がその一部であるということを理解した時に思い出します。
日々の保育の中でも、言葉ではなく、頭で理解するというより、
体感として染み込む瞬間に、深い学びと気づきがあります。

 ネイティブアメリカンの教えのひとつに、
「母なる地球と自然の関係性を学びなさい。
そして、母なる地球が愛してくれるように、他を愛しなさい」というものがあります。
この智慧を、体感するために、自然の中へ出かけませんか?
”大地とつながるお話会”をリードしてくれる、山田圓尚さんと一緒に、
もう一歩踏み込んで、大地を、母なる地球を、深く感じる時間です。

9月は、古くは熊野と並ぶ修験道の山、諭鶴羽山の裏参道
(急な表参道ではなく、なだらかな方)を登ります。
日の出とともに出発し、大地とのつながりを体感しましょう。
登り、約1時間半です。
頂上で朝食を食べた後に、諭鶴羽神社へ参拝します。

登山口と山ちゃん
写真、左が山田圓尚さん


~山田圓尚さんからのメッセージ~
 
 全ての命は、男性性と女性性の融合から生まれます。そして、大地や石、海もまた
同じ力からできていることを、私たちが理解することが、母なる地球の愛を理解することへと
つながっていきます。ネイティブの智慧を共に学び、確認した上で、その場を五感で感じると、
その場所が祈りの場として大切にされてきた意味や、新しい気づき、受け取るメッセージが
深くなることを感じるでしょう。体の奥からわきあがる祈りを、皆さんと分かち合いたいと思います。

DSCN6374


◆大地とつながる フィールドワーク @諭鶴羽山 ◆ 定員10名

とき 2019年9月8日(日)5時 諭鶴羽ダム駐車場 集合
            10時頃    〃    解散
     ※前泊可能です、ご相談ください

場所 諭鶴羽山、諭鶴羽神社

参加費 3,000円(下見&当日経費)+朝食代(500円程度を予定)+ドネーション

申込・お問合せ
    メール    awaji.sweatlodge@@gmail.com
             ウェブサイト  http://awajisweatlodge1net.jp
     ※持ち物など詳細は、お申込みの方にお知らせします




◆山田圓尚さんプロフィール◆
7Generations Walk代表、Sundance Japan運営委員、天台宗僧侶
1999年に、インディアンムーブメント指導者デニス・バンクス師に出会い、交流を深める。
2003年から現地のサンダンスにも、ほぼ毎年参加。仏教徒ネイティブの教えを伝承し、
光と力の融合を目指し、活動中。7Generations Walkのウェブサイトはこちら

ゆずるは神社
諭鶴羽神社脇の巨木群と苔の絨毯が、本当に美しくって、大好きな場所です★